Kfund

No Attack No Victory

銘柄研究 エスクリ(2196)



エスクリ 2196

2013年2月22日現在

【特色】 駅ビル・駅チカ軸に専門式場、ゲストハウス等多様に展開。



k2196aa.png 


k2196ue.png


株価 731円(2/22)
予想PER 6.9倍
PCFR 8.09倍
PBR 4.4倍


エスクリの売上げ、営業利益は、ともに2~3割り増しの成長力があり、魅力。
PBRは高いが、予想PER、PCFR、共に低く割安感はある。

プラいダル産業は、今後の少子化のことを考えると伸びていく産業ではない。
ただ、突出した企業がなく、現在のところはドングリの背比べ、になっている。
売上高上位5社が全体の15%に過ぎない。(ファミレスの場合は50%)
よって、今後、力のある企業が売上げを伸ばすことは十分考えられるのだ。

エスクリの最大の強みは駅チカ、駅ナカなどアクセスのいいところ。
7割の客が交通の便を重視しているというデータがある。
また、ホテル・専門式場・レストラン・ゲストハウスすべて自社スタッフでオペしている。

1/28に3Qを発表し、初の配当を予告した。
決算そのものは悪くなかったが、何が気に入らなかったのか
翌29日にエスクリの株価は87円下げる急落。
2/14には649円まで下げたが、先週になって730円まで回復。

今までの成長力(売上げ、営業利益)がどこまで続くかがエスクリの最大の焦点。
いつかは鈍化するときが来るが、その時に配当をしっかり出してくれれば長期で保有できるのだが。
目先は、3月15日前後に出される四季報に注目しよう。


2013.02.22 

e2196.png 



escrit.png