定期預金について

今日は、銀行の定期預金についてちょこっと述べよう。
これは僕が取引している住信SBI銀行の金利だが

kinri.png



ここで注目してほしいのは、6ヶ月と1年定期。
それそれ0.27%、0.3% と他の期間より有利になっている。

銀行の定期預金において、バカらしいのが中途解約
これをしちまうと、ほとんど金利がつかない。(元金を割り込むことはない(と思う))

予期せぬ出費や、僕のようにもう少し株に資金を回したいときに、
どうしても中途解約せざるをえない。

たとえば、600万の定期預金を1つ持っていたとしよう。
しかし、今必要なのは100万とした時でも、全てを解約しなくてはならない。
これでは、せっかくの600万が金利なしで終わってしまう。

だから、預金するときに小分けにしちゃえばいいのだ。
600万円を定期預金にしたい場合なら、
6つに分けて100万ずつを預金すればいい。
もっと言うなら、50万ずつを12コに分けてもいい。

今まで僕は1年定期にしていたのだが、今後半分は6ヶ月にしようかな。



因みに、銀行は預金、ゆうちょは貯金。





にほんブログ村 株ブログへ





 

手数料を安くする手法

 

今から述べることは、知っている人は知っているが、
知らない人にとっては、

「えーーーーーーっ」

っと、目からうろこが落ちることだろう。



僕は業界最安値のクリック証券を使っている。

現物取引はこれ

手数料プラン 約定代金 手数料(税込)
1約定ごとプラン ~20万円 105円
        ~50万円 260円
        ~100万円 470円
        ~150万円 570円
        ~3,000万円 900円
        3,000万円超 960円


信用取引はこちら

手数料プラン 約定代金 手数料(税込)
1約定ごとプラン ~500万円 100円
        500万円超 無料



で、現物で株を持つ人でも信用取引を使って手数料を安くすることが出来る



『買い』 の場合

 条件: 信用買いできること(信用規制がないこと)

 1 まず、信用で買う
 2 現引きする

 これだけ。実際にクリック証券で確かめてみよう。
 A銘柄をX株買い、約定代金が100万円とする。
 すると、以下の手数料になる。

 100(信用の手数料) + 57(金利(2.1%)一日分) =  157円

 これを普通に現物買いすると

 ~100万円 470円 ・・・ だから 470円

 実に 313円の差。


『売り』 の場合(保有株を売る場合)

 条件: 信用売りできること(信用規制がないこと)

 1 まず、信用で売る
 2 品渡し(現渡し)する

 これも約定代金100万円で比較してみよう。

 100(信用の手数料) + 30(金利(1.1%)一日分) =  130円

 普通の現物売りだと、やっぱり ・・・ 470円
 
 これも 340円の差。

  
貸借銘柄だったら、約定代金100万円の場合で往復650円くらいのお得になる。
10回やれば6500円。
100回やれば6万5千円。

この手法は、勿論合法であって証券会社も認めているやり方。
信用取引をしたことがない人にとっては、「びっくり」した人が多いだろう。
仮に、信用をやったことがある人がこれを知らなかったら・・・

「オレ(私)は、なんて馬鹿だったんだぁ~」

って、思うよね。
豆腐の角に頭をぶつけて死にたくなった?



(注意)
急騰している銘柄は、信用規制していることがある。
信用規制していると、現引き禁止などの規制があるので注意すること。

また、信用買い(売り)した時は、その日の15時半まで(クリック証券の場合)に現引き(品渡し)すること。
でないと、翌日に持ち越されて金利がかかってしまう。


因みに、現在、
クリック証券に信用取引口座を新規に開くと手数料が最大3ヶ月無料になるそうな(4月30日まで)

















 



タグクラウドとサーチ

SHERLOCK



投資哲学

プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
本業はSEだが、仕事が無いので仕方なく専業になった。
当分は、株のスイングとFXを頑張る。

月平均300万を稼ぐ投資家になってみせる。
2016年3月3日、モニターの前に8時間座ることを日課と課し、新たな挑戦を始める。

本家 株式投資正統派

kfund2016.png

kfundall4.png

トレードアイランド

僕たちに出来ること

ブログ内検索

Twitter

blogram

検索エンジン

広告